HOME   >   黒酢革命

黒酢革命

200年もの伝統製法

水面

黒酢革命に使われている黒酢は、鹿児島県でおよそ200年もの間守られてきた伝統の製法で、厳選された地元の玄米と弱アルカリ性の豊富なシラス台地がもたらす自然水といった質のよい材料から醸造されています。

なぜ鹿児島県なのでしょうか?

実は鹿児島県は温暖な気候、火山帯による地熱、豊富な自然水と良質な黒酢を生み出す条件が揃っているのです。条件のよい場所で、匠の技により1年半かけてじっくり、休むことなく空気の調整、温度調整などしっかり管理され、天然酵母や酢酸菌により熟成させる自然発酵法で黒酢が作られています。

このようにじっくり手間ひまをかけて作られた黒酢はまったりとした旨みに包まれています。また、痩せにくい部分を燃焼させるアミノ酸を豊富に含んでいるのです。

黒酢以外の魅力的な素材

黒酢革命には黒酢以外にも魅力的な素材が豊富に含まれています。
まずは、女性に人気のショウガエキス。ショウガは体をポカポカにしてくれ、体の動きをサポートしてくれます。

また、南インドの黒コショウから抽出した黒コショウエキス「バイオペリン」は、コエンザイムQ10Wと一緒にとることで、その吸収が高まると言われています。コエンザイムとは、脂溶性のビタミン様物質でミトコンドリアに多く存在していると言われているもので、食品では牛肉やレバー、モツ、カツオなどに多く含まれています。

さらに、南フランスで作られているメロンから抽出した「グリソディン」は通常のメロンより優れたパワーを持っていると言われています。その他にもたくさんのこだわり成分を含んだ黒酢革命は痩せにくい部分の燃焼をサポートしてくれます。